手袋をして眠っています。

だんだんと寒くなって来ました。初冬ですものね。でも、朝の霜柱はまだ見ておりませんので、雪の積もる日はもう少し後かと思います。私の寝室は、エアコンの設備はありません。パジャマの上にセーターを着こんで眠っています。

つい布団から肩や手を出してしまうと鼻水が出ます。そこで、手袋をはめてみました。手袋といっても、白い薄い布製のものです。今年何回か行った、住宅展示会で頂いたものです。

すると、あら良いわ!肩か袖口までは、セーターが、手先は手袋が、しっかり私を保護してくれます。なんで、こんな快適な事に気が付かなかったのでしょうか。

長年、冬は、布団をすっぽりかぶってキンキンの電気モーフに頼って眠っていました。セーターを着て寝れば、暖かいことは幼い頃から分っていましたが、何か苦しい。でも、薄でで、編み目は詰まってるが重くなくて緩めのセーターなら、良いようです。昨年たまたま手に入れました。

更に今年は、手袋着用と、ゆるい電気モーフを敷いています。でも、不思議なもので、朝目が覚めて見ると、左手の手袋だけ外れている事が多いです。

2件のコメントがあります

  1. 玉井人ひろた

    手袋ですか、それは大変ですね。
    わが家は、もうすでに何回も霜や霜柱を見ていますが、雪が積もるのは当分ないと思います

  2. 001

    霜の降りた朝は、すでにあったのですか。気付かなかったです。今年は、例年より暖かいな~と思うばかりでした。

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。