左前サイドのダメージ(助手席側)

1月21日作業の一部をご紹介 左前サイドのダメージ(助手席側)

内板パネルまで、ダメージが及んでいます。ドアもよく開きません。
修理の総見積りを作成し、お客様に呈示。ご相談させていただきます。
修理に必要な部品をオーダーします。主な部品が揃わないと、作業には、かかりません。

1月22日昨日の作業の続きをご紹介 まず、はじめにガラスの取り外し・・・
   
 フロントガラスと、ドアミラーのところの三角ガラス、両方とも割れてはいません。
修理中、鋼板を引っ張るので、無理な力が掛かってヒビ割れなどを防ぐ為です。

   
 取り外されたフロントガラスと、フロントガラス周辺のプラスチック部品。これらは、修理の最後にまた、取り付けます。
1月23日昨日の作業の続きをご紹介 フロントピラーの部品
     
の部分のシワは、修理ではなく部品交換をします。    新品部品のインナーとアウター
車体は、グローバルジグ・フレーム測定・修正機にセット済です。 

1月24日昨日の作業の続きをご紹介 アウターピラーとイアンナーピラーを張り合わせ・溶接
   
アウターピラーとインナーピラーを性格に、張り合わせ、溶接し、強度を持たせます。黒いパネルは新品パネルです。
1月25日昨日の作業の続きをご紹介 溶接が終わり、防錆処理。前後ドアと前ドアヒンジの準備
    
溶接が完了し、新品パネルの防錆・下処理中です。ドアも前後、下処理剤を塗布。
ドアは、手前が後ろドアで、奥が前ドアです。で囲んだ部品は、前ドアのヒンジ部品です。
後で同色の色を塗装します。

1月26日昨日の作業の続きをご紹介 修理の範囲は、後ろまで及んでいます。
  
昨日の写真で、後ろドアも交換の準備をしていましたが、・・なぜ?・・と思われた方へ、
今回の修理範囲は、後ろバンパーにまで、及んでいるので、ちょっと、写真を撮って来ました。
保険対応なので、ドアは、交換が認められました。バンパーのキズは、軽度の為、修理で行きます。

2月2日 足回りの部品が届きました。
  
ドライブシャフトなど、足回りの部品を新しくしました。  タイヤを付けて、フレーム修正機から、車を下ろしました。
2月3日 後ろドアなど部品をはずし、マスキングへ
  
後ろドアなどその周りのゴム製部品もはずす、マスキングの開始、塗装したくないところへ、紙(アイラップ素材)を貼る。
2月4日 マスキング(紙貼り)完了
  
部品の凹凸に従って、丁寧に貼ります。   塗装しなくてよい面。ミストが掛からないように、車全体をおおう。
2月5日 塗装と乾燥を完了
 

 塗装中の写真が採れませんでした。
 
 左上の写真は、前後ドアと、左前フェンダーです。
 それを、車本体に仮付けした写真が上の写真です。
 調色室には、色見本帳が開いてありました。

2月6日 ドア部品の移植・フロントガラスのはめ込み完了
  
ドアの内装及び部品を古いドアから、               窓ガラスとその部品、 
新しいドアに全て移植します。                 これも、はずして新しいドアへ
配線など機能も完璧に移植。


 フロントガラスと前ドアの三角ガラスも
 取り付け完了。
 ガラス周りの部品も組ました。
 
 フロントガラスを取り付けた後は、
 半日くらいは、車の移動をしない
 (走らせない) ようにします。

2月7日アライメント測定・調整
   
足回りに誤差がないか、アライメント測定をしています。モニターを持って、車の下にもぐって調整をします。
2月8日納車直前、ボディ磨き

 最終工程になります。
 塗装面の磨き仕上げ。
 この車の場合は左側面全部になります。

 
 この作業は、保険対応です。
  部品代 50品使用 ¥317,300
 鈑金工賃 ¥204,500
 ガラス脱着工賃 ¥22.600
 塗装工賃 ¥115,500
 その他(アライメント・配線費用など) ¥26,250