ボランティア祭りのバザー

 9月25日、吉田好例の「よしだ健康福祉バランティアまつり」が産業会館でありました。私たち商工会は、焼きそばジュース販売等の模擬店いわば、バザーでまつりに参加いたしました。
 

 バザーの主な準備は、商工会青年部が行って、私たち女性部は、売り子をやります。午後からのステージアトラクションで、女性部のよさこいヴィーナス隊が踊りを披露します。

 今日は、朝は涼しかったですが、11時ころからは、日差しも強くなり、ジュースも、焼きそばもかなり売れました。今年は、焼きそばの上にカレーを掛けた「カリーナ」と呼ばれる焼きそばをメインに販売しました。

 温かいうどん・そばも販売していましたが、やっぱり焼きそば「カリーナ」が、どんどん売れます。作りたての焼きそばは、本当に美味しそうです。

 私たちは、販売に忙しくって、その後はステージで踊ってとじっくり食事もできない状態だったので、実は食べてはいないのです。

 町の福祉関係の方々が中心になって行ってる行事です。車いすの方々も多くいらっしゃっていました。その他、親子連れや、中学生が、大勢きていました。私も、10年くらい前は、子供を連れて訪れていました。今は迎える側になって、自分の中での興味の対象が変わっているのを感じます。

 

コメントは下記のフォームから

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。