事故で引き揚げた車が全損判定になっても・・・

 この夏の終わり、私どもで保険契約を頂いているお客様2人が相次いで、自損事故で、車を全損にしてしまいました。どちらも、電信柱等の建造物と正面衝突でした。しかし、ケガは無く大事には至りませんでした。

 事故でケガを追うと、ケガの治療が優先されますが、たいしたケガが無い場合は、明日から乗る車のことを心配し始めます。2~3日、事故のショックで、家に引きこもるという人は、少なくなったのでしょうか。

 幸い2人とも、一般車両保険に入っていました。損損時費用10%増し支払の特約にも入っています。というか、私が保険担当なので、その人にあわせて家族構成や仕事・生活パターンから、自動車保険は基本契約の他に、一般車両契約、プラス全損特約も付けて保険加入を奨めて、契約してもらっていました。

 事故現場にキャリアカーで急行して、事故の事情を聞いて、これから先の事を、おおよそでアドバイス。一般車両に入ってる方には、金銭的に明るい話が出来ますが、基本契約だけの方には、この車をあきらめて、自力で次の車を買って下さいと言うしかありません。

 過失割合がどうなるかというのは、保険会社と当事者の話し合いなので、修理屋の私たちが、口を出す範囲ではありません。しかし、一般車両保険に入っていれば、自分の負担金額は、すごく少なくて済みます。

 この夏の2人のお客さまに対しては、まあ、何とか次の車も手配出来たし、事故で困ったということな無く、過ごされているようで、良かったかな。しかし、事故はプラスは生みませんので、ご注意ください。 
 

コメントは下記のフォームから

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。