木村茶道美術館の紅葉の中で

 13日、吉田女性の会の遠足で柏崎市の木村茶道美術館と柏崎刈羽原子力発電所の見学に行きました。参加者は18名で、男性の参加も4名含まれています。といっても、知ってる人ばかりですが・・・。

 午前中は、木村茶道美術館に行き、紅葉の庭の中でお茶をいっぷく頂いてきました。茶の湯の知識は無い私にとって、まさしく体験と云ったところでしょう。お茶道具の事になると、急に教えたがる年配の女性が増えて、面喰ってしまった。

 いろいろな会合などでも、これくらい興味を持って、参加してくれれば、この女性の会も閉じなくって済むのに、女性は本来元気なものなのですから、もしかしたら私たち役員のかじ取りには、会員との間にズレが生じていたのかもしれません。
 
 しかし、赤く色付いているモミジのキレイなこと、人工的に造った庭であるから、赤・黄・緑の葉のコントラストを上手く組み合わせてとってもキレイでした。

 今年は、内の倉ダムの紅葉と、この木村茶道美術館の紅葉の見学で晩秋の紅葉を存分に楽しむことができました。

 
 

コメントは下記のフォームから

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。