吉田金属工業㈱を見学

 18日、商工会の異業種交流会で、グローバル包丁で有名な吉田金属工業㈱さんの工場を見学してきました。

 通称、吉金さんは、昭和29年に吉田の街中で仕事を始めて、その後、何回か工場移転をして、現在は、吉田西太田の工場団地に本社・工場があります。社長さんも、何人か交替され、創業者のご家族ではなく、外部の方が現在は社長に就いていらっしゃいます。

 会社は、2年前に新築されたばかりでとてもきれいでした。社員は100名いらっしゃるとのことです。

 吉金さんのヒット商品は、グローバルシリーズの包丁です。我が家にも2本、頂き物ですがあります。特徴は、デザイン、柄の部分も、刃と一帯になってる、シンプルでオシャレ、更には、汚れないし、切れ味も長持ちという、優れものの包丁です。

 この包丁は、刃の部分と柄が一つの金属板から出来ていると思っていましたが、工場見学で分かりました。刃と柄は別の素材で、溶接でつなげているのでした。しかし、完成品で見る限り、とてもつなげたとは思えません。おそらく、商品を手にした誰もがそう思うでしょう。

 吉金さんも、話していらっしゃいましたが、グローバル包丁は、そのデザイン性から、ヨーロッパ製のものと思ってらっしゃる人が多いといっていました。しかし、吉田のヒット商品です。そんな地元の良いところがはっきり分かって、良い見学でした。

コメントは下記のフォームから

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。