女性部の夜は秋元順子の歌で

 11月25日の女性部全国大会の行事はまだまだ続きます。会場をつくばカピオから、つくば国際会議場に移動して、食事をしてから、大ホールで作曲家花岡優平氏のトークショーを観ました。

 花岡優平氏は、来年還暦だそうです。秋元順子さんの「愛のままに」を作曲・作詞・編曲をなさった方で、奥さんふるさとである、つくば市に住んでいらっしゃる、それが縁で女性部全国大会の夜のアトラクションをまかされたそうです。

 作曲の仕事は、若いころからずっとやってきました、10年くらい前の大ヒット曲「孫」の編曲もなさってるそうですが、陽が当たるところに出て来たのは「愛のままに」の大ヒットだそうです。

 彼の生い立ちや、秋元順子さんとの出合いを中心に、トークショーが進んでいきます。まだヒットに恵まれない女性歌手も2名ステージで歌ってくれました。その中で「岸壁の母」を奥さんで、まだヒットの無い歌手の「川神あい」さんが歌ってくれました。良かったです。涙が出ました。

 最後に、秋元順子さんがステージに立ち、アンコールも入れて5曲歌ってくれました。さすがに、上手い。おばさんですが強力なオーラが出ていました。時間は、押せ押せで、約1時間近くオーバーでホテルに入りました。

コメントは下記のフォームから

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。