汗いっぱいの、女性部の新年会 1 

  1日夜は、吉田商工会女性部の新年会でした。役員さんたちは、少し早く会場に入り準備にあたります。会場が少し狭いかったので、壁ボードを移動して、もう少し広い会場にしてもらいました。  

 左の写真は、エグザエルの回転する踊りの場面です。

 会場は魚竹さんです。魚竹さんのカラオケの機器に合わせて、踊りのリハーサルを行いました。3曲を踊りそこでもう汗がにじんで来ました。ゲーム用の掲示物の位置などを確認し、再び玄関で来賓者と一般部員を出迎えます。
 
 さあ6時30分、燕市長もいらっしゃいました。新年会の始まりです。はじめに私のあいさつ、数日前から考えていたことを話しました。次に鈴木燕市長から、次に泉谷彰晃会長から、そして、乾杯です。皆さん話がそこそこ完結でしたので良かった。

 鈴木市長は、1時間くらいで次の宴席に向かうというので、すぐに余興をはじめました。まずは、オープニングの三役と事務局の「明日があるさ」を振り付けで熱唱・・・です。かなり動き回りましたが、決してクチパクではありません。大きな拍手をもらって、次は、全員参加の福笑ゲームです。

 ここまでで、市長はお帰りになってしまいましたが「こんな楽しい新年会は初めてです。来年も是非、呼んで下さい。」と、言っていました。こちらも残念です。そう、女性部の新年は、この後がもっと盛り上がるのです。  

コメントは下記のフォームから

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。