愛犬「こげ」、予防注射に行く

 11日、燕市で行ってる狂犬病の予防接種に我が家の子犬を連れて行きました。我が家の「こげ」は、3月11日にやって来ましたから、丁度1ヶ月経ちました。生後3カ月が過ぎ、子犬犬から子供犬になってしまった。

 前の犬「シロ」に来た予防接種のハガキを持って行ったら「違う犬ですか?このハガキの犬はどうしました?」と、聞かれました。死亡した日付けを伝え、連れて行った犬を登録してきました。

 先回のシロも、今回のこげと同様に2か月の子犬から育てるのですが、先回のシロの子犬時代の事があまり記憶にありません。きっと、自分の子供が小学生でしたから、そちらが生活の中心だったのでしょう。当たり前か・・・。でも、今にして思えば、シロをもっと、抱っこしてあげれば良かった。

 そんな反省もあって、「こげ」はこの1ヶ月、毎日抱っこしています。でもかなり重くなり、じっとしていなくなりました。いつまで、抱っこでスキンシップ続けられるか・・・。

 そんな抱っこくせのお陰で、今回の予防注射の間ずっと抱っこしていました。よって、他の犬を見つけて興奮することも無く、予防接種を終えることが出来ました。

 

コメントは下記のフォームから

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。