フィット 左後ろ鈑金修理 1

フィットの左後ろドアの鈑金の様子です。
少し離れて車を見ますと、キズ付いてる所だけでなく、やや大きめにドアが押されているのがわかります。
今回は、ドア交換をしないで鈑金で修理していきます。
錆びてしまった部分を削り取り、パネルの地の面を出し、鈑金して何回かパテで整形していきます。