もう一匹 黒い犬を飼うかもしれない

 昨日保健所から「希望のミックスのメスがいるので、見に来て下さい」と連絡をもらいました。夫も私も「コゲにも話相手がいるだろう~」と思い、見に行って連れて来てしまいました。しかし、立場逆転で車庫の中は、大変なことになってしまった。
写真では、後ろがコゲです。新しい犬は、クロと名付けたのですが、しっくりきていません。

 
 連れて来た犬は、3歳~5歳らしいが、どうやら経産婦らしい。2匹で捨てられていた。保健所も警察に届出けて、飼い主を捜索したが、数週間経過しても見つからいので、譲渡にふみきったとのことです。
 
 犬の大きさは、同じくらいだから、どちらが優位に立つか、ご対面させてみないと分からない・・・、私は、コゲを応援するも、コゲの負け・・・。

 コゲにとって平穏すぎる車庫の中が、一変、革命が起きたような、犬の世界ははっきりとしたボス社会です。車庫内のいろんなところにオシッコのマーキング、翌朝には、コゲの寝床の入口に新しい犬のウンチがあった。つまり、寝床まで取られてしまったのだろう。

 コゲを自分のこどもに例えると、実の娘の部屋に30歳を過ぎた椿やっこさんみたいな御姉さんが来て「ここは、今日から私の部屋よ・・・」と言って、あちこちに鼻クソを付けて、1個しかないベットを取られてしまったような状態だ。

 簡易的に寝床を用意したが、コゲが使ったかどうかはわからない。しかし朝の散歩は、いつものように元気なコゲ。昨日までの腹を出して寝転んで、やんちゃ三昧のコゲの生活はしんみりと、気を抜けない立場になってしまったのです。 
 

2件のコメントがあります

  1. aida

    昨日22日の15時頃に会社の前を通りかかったら、黒い犬「コゲ」or「クロ」?が脱走?して道路を封鎖してました。後ろからツヨシが慌てて追いかけて来てましたが、何食わぬ顔して喜んで走っていました。たぶんクロだったのかな?しばらく2匹が同調するまで大変ですね?
    社長の話し相手(飲み相手)も必要でしょうから、私が馳せ参じます。

  2. ばんきん屋 英子

    aidaさま、すごいところを通過なさったわけですね。
    そう、2匹とも脱走したのです。道路にいたのは、コゲでしょう。コゲは自宅にいましたから。くろは、田んぼの畦で見つけました。

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。