バトルを繰り返すうちにコゲが首位に

 甲斐犬の子供のコゲと、保健所から来た雑種の成犬のくろ、大きさは同じです。くろ姉さんがゴケの家に乗り込んで来た形で始まった2匹の同居生活です。犬同士がなじめなかったら、6日後に返す予定になっています。

 写真では、左がくろで、右がコゲです。

 2匹のバトルは、ずっと続いています。どちらも黒ので、夜はどちらがどの寝床をつかっているのか分かりません。

 2匹のバトル中は、人間は手を出しません。私のすぐ前で、取っ組み合いの大喧嘩は、もう毎度のこと、見ている方はおもしろくて仕方がありません。血が出るような大ケガは、お互いに負わせません。

 3日目を過ぎたあたりから、くろがすぐに負けのサインである、腹をコゲに見せるようになった。しかし、コゲはなおも、攻撃をやめない。どうやら、コゲが、首位を取ってしまったようです。

 コゲは、自分の天守閣で昼寝をしたり、新しいおもちゃを独占したり「ここは、私の家よ・・・」と言わんばかりに、くろに見せるけるようになりました。

コメントは下記のフォームから

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。