わらび採りに行く

 19日、同友会燕市部、好例の春のワラビ取りに行きました。今回の参加者は、大人11人子ども5人です。阿賀町の丸渕観光わらび園へ行きました。

 朝6時30分に集合して、福島県境の旧上川村へ向かいました。わらび園のスタートが8時30分なので、その時刻にどうしても、入場していないとたくさんワラビが採れません。

 写真は8時半の3分前、ロープの外側で一斉スタートを待つ人達です。

 いつもながら、私はのろのろとしたスタートです。それもそのはず、スタート地点からすぐのところに、急な山がある為、どのようなコースでわらびを採ろうか、考えているうちに、まわりの人達は先に行ってしまいます。

 でも、大丈夫。採り残したワラビが、あちらこちらに見つかって、1時間もたつと持って行った袋にいっぱいのワラビが採れました。
 
 右の写真、自宅で収穫を確認、これの1.5倍ほど採りました。

 ワラビを採った後は、これまた好例の、天ぷらランチタイムです。いつも、吉田さんと石井さんの奥様達に、準備をしてもらって、ご馳走になっています。揚げたての食材が、パリッと美味しいのです。青空のもと、ブルーシートを広げて、楽しいひと時です。

 お腹いっぱいに食べた後は、近くの温泉で、ワラビ採りの汗を流します。着替えも持参して、さっぱりとした気分で帰宅できます。

 この日は、4時30分ころ、帰宅できました。早速採ったワラビのあく抜きをして、夕食のおかずを作りました。帰りの車の中で、ぐっすりと眠れたので、夕飯作りは苦になりませんでした。

1件のコメントがあります

  1. 着る 春子

    先日は、わらび撮りご一緒できて楽しかったです。

    はじめてのあく抜きも無事成功して我が家でも美味しくいただきました。

    自然の中はやっぱり気持ちいいですね!

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。