関東大会に向けて、壮行会

 商工会女性部の主張発表大会で1位になった我が女性部の宮路さん、7月5日の関東ブロック大会で、新潟県代表として発表します。

 関東大会では、原稿を見ちゃいけないと、県の女性部長から言われて、宮路さんは、ここ数日原稿の暗記をしていると、周囲の人から聞きました。大変な負担をかけて、申し訳ない気もしますが、やれるだけのことは、一生懸命やりたいとの本人の思いに、本当に頭の下がる思いです。

 ジュースでの乾杯と花束贈呈で、県大会の祝勝会を行いました。もうすぐ、関東大会なので、またも時間を計ってのリハーサル発表を行いました。
今度は、冒頭に「新潟県の燕市吉田商工会からきました」と燕市の名前もはっきりと言ってから、主張発表がはじまります。

 リハーサルとはいえ、私までがやっぱり緊張します。宮路さんは、ほとんど原稿を見ずに、前を向いて流れるように話しています。ところどころ、早口になってる箇所もありますが、ノー原稿で発表するその姿に、すごい頑張ってると思いました。

 発表後の、皆から自然といろいろなアドバイスや感想・応援メッセージの声が出て、吉田女性部の応援団も、心を揃えて取り組んでる姿を感じました。

 最後に「フレ~、フレ~ミヤジ!」の応援コール。発表者の宮路さんは、リハーサルをやるとやらないとでは、本番でかなり差が出るから、リハーサルをやっておいた方が、気持ち的に準備が出来て良いと言います。
 今回の県大会優勝を、ご家族の方々も大変喜んで下さったそうで、私には何よりもうれしいことでした。

 

コメントは下記のフォームから

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。