新しい総理大臣

 日本の新しいリーダーが野田佳彦氏に決まった。なぜか、ほっとした。数日前からのニュースで、今回の5人の立候補者の顔を見ると1番良い顔をしていると思いました。
 
 でも、ニュースでは、海江田氏か前原氏かと、繰り返し言っていました。選挙権の無い街頭での調査でも、この2名に票が集中して、それ以外の人の話題は、ほとんど無い。

 更に、この人は、増税は避けて通れないと、初めから言ってるから人気が出るはずがない。でも、良い顔しているし、ぼさつ様のような顔が、印象に残ってしまう。

 良い顔である印象を持たせるには、実は筋の通った主張と、真剣さが必要なのだ、顔のパーツの配置が良いのではない。人の内面から滲み出てくる、オーラというか、そういうものを人は肌で感知しているはずである。

 良い男でも、笑顔がいっぱい過ぎるとニヤケタ顔に見える。そう写ったら、アウト!今回の海江田氏は、そのように私には見えた。

 野田氏のオーラは、まだ微量に感じる程度。年齢も54歳と、見た目より若い、長く続くリーダーになって、財政再建できるかな。財政再建には、私達のくらしも変わるかな。いろいろ我慢を強いられるかもしれない。でも、付いていける、指導力(オーラ)を出して欲しいと願います。

コメントは下記のフォームから

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。