汗をかく、犬の散歩

 昨日、今日と夫が富山県へ出帳にいっているので、私が犬の散歩に毎回行っています。元気のよい2匹に、若干、疲れを感じるところです。

 左がコゲで、右がくろです。耳の角度が違うのがすぐに分かると思います。

 2匹は、車庫の中で放し飼いになっていますので、その犬にハーネスを付けるのが、ひと苦労なのです。甲斐犬のコゲは、嫌がって車庫の中を逃げ回ります。5週くらいするとおとなしくなります。

 雑種のくろは、嬉しくておすわりをして待っていますが、嬉しいと、かみつく癖があるので「口を閉じなさい」と言って、つい叩いたりしてしまいます。

 扉が開くと、勢いよく出て行き、そこで、じゃれあうというか、軽いケンカをします。車が来るかどうか、見るのは人間の役目、犬達は、車が来ると飛びつこうとするので、とっても跳ねられ易い性格の犬です。

右の写真は、コゲです。くろが来たので、ちょっと警戒しています。

 特にコゲは、バイクや自転車など、速度の遅い乗りのもに興味津津、子どもが自転車で来たならば、もうずっと前から見つけて動きません。

 甲斐犬のコゲは、目の前の面白いものを探すのではなく、姿勢を良くしてあたりを見渡して、鳥や猫、子ども、犬連れの人など、私より早く見つけるので、びっくりします。

 それか故、歩く速度はほぼ一定でとても散歩しやすい歩き方をします。でも、興味のあるものを見つけると、なかなかあきらめません。

 それに比べて雑種のくろは、目の前の臭いにつられて、走ったり止まったり、右に行ったり左に行ったりで、平らに歩いてくれないので、ひもで繋がってる人間もかなり振り回されます。これは、以前の雑種のシロもそうでした。

 左の写真は、くろです。我が家に来て4カ月ですが、自分から腹をみせたことはありません。

 この歩き方の違う2匹を一緒に散歩させるのですから、両方の犬の動きをみて、綱を持つ手を替えたり、お腹に巻き付けたり、雪が降ったら、滑って転ぶ事はもう間違いありません。 

4件のコメントがあります


  1. こげ凛々しくなったね。
    かわいさがなくなった(泣)

  2. ばんきん屋 英子

    あゆみ・・・、アメリカでもこのブログが見えるのか?
    コゲの方が、かなり大きくて、更には、怖そうな顔しています。
    番犬の仕事も、くろに任せて、自分は寝転がっています。
    くろは、あい変わらず、帰宅したパパに吠えるので、可愛がられない損な立場にいます。

  3. Nori

    私のブログにコメントありがとうございました。

    甲斐犬は日本犬の中でも数が少ないと言われています。
    どこからお求めになられたのでしょうか?

    やんちゃな犬2匹同時散歩とはすごいですね。N o r iはとてもできません。

  4. ばんきん屋の英子

    noriさん、コメントありがとうございます。
    私が住んでいる燕市内に甲斐犬に詳しいブリーダーさんいて、その人から、分けてもらいました。彼は、山梨県から何頭も連れて来ています。
    1頭づつ散歩しようと連れ出しても、もう一匹が気になるのでしょうか、道路に出る前に車庫に帰ってくるのです。2匹とも、同じでした。おもしろいものですね。

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。