娘が帰国した

 12月18日、予定どうり20歳の娘がアメリカ留学から帰って来ました。帰宅したのは、夜の12時過ぎ、成田空港から、ジャンボタクシーで、各家まで送ってもらいました。

 深夜の帰宅の事は承知していましたので、布団に電気毛布を敷いて、温かいベットの準備をしておきました。留守の間、娘の部屋は、夏場の布団置き場になっていたので一気に片付けて、ファンヒーターも新しくして、一応部屋の掃除をしました。

 そのあと、煮物やらキンピラやらの和食を多めに作りました。それらを夕食にも食べて、娘の分を残しておきました。帰宅して食べるかどうかは分からないが、自然と準備してしまうのは親心でしょうか。

 さて、帰宅した顔を見ると、出かけた時と同じような様子です。まずは、無事に帰ってきてくれて安心しました。

 

コメントは下記のフォームから

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。