天女の羽衣は、ただの松だが・・・。

 山梨県を後にして鈴岡県へ、沼津御用邸公園へいきました。 武家屋敷とは、趣がすこしちがいますね。ゆらゆらした窓ガラスの優雅さと、職員のあいさつ良さが印象的でした。

 静岡県に入ってからは、富士山は見えませんでした。宿をとってある、三保の松原に向かいました。

 少し早いが、宿に入ったあと、天女の羽衣を訪ねて、海岸線の松林を散策しました。宿から、2.5キロほど歩き、やっと「羽衣の松」を見つけました。どの松も同じ赤松?です。羽衣伝説を継承すべく松も何世代も代替わりしていました。とりあえず、石碑の前で記念撮影しました。

 松林沿いに、高校・中学・小学校があって、学校の部活動のランニングコースとなっていました。もちろん、地元の人も犬の散歩など、大勢の人が松林の遊歩道を利用していました。

コメントは下記のフォームから

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。