ランチのハシゴ 3

 寿司をたべてから、何か物足りないと、牛丼屋さんに入った。店内は、思ったより広くお客さんも何組も入っています。メニューを見て、牛丼の特上と並みを注文しました。

 店の雰囲気は悪くない、始めからここに入れば良かったと思う反面、駐車場の札の通り、隣の寿司やに入って、隣がひどかったから、ここが良く見えるのか?。駐車場の札を無視して、こちらに先に入っていれば、隣の寿司やの事が気になるし、これも勉強です。

 三条新聞みたいな、村上新聞があったので、それらを見ながら待っていました。村上新聞は、毎日の発行では無いらしい。役職者や個人への批判めいた記事はないが、紙面の半分は、地元企業の広告だ。

 壁の張り紙を良く見ると「新潟県中小企業家同友会の県総会・in
長岡」のチラシを見つけた。それを見て、がぜんニコニコし始める我が夫、しかし、料理がなかなか出てこない。

 ついに、村上牛が牛丼になって目の前に、とっても良い感じに盛り付けられた牛丼だが、牛が薄い紙のようです。これには、少しガックリ。
特上牛丼も、同じ幹事の盛り付け、牛のスライス加減も紙のようでした。私には、特上と並みの区別は分かりませんでしたが、このお店の肉とスーパーの肉とは違うことは分かりました。

 

コメントは下記のフォームから

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。