吉田祭りを終えて 2

祭りの2日目は、山車巡行です。夜祭りに移行して10年近く立つかな、昼間に吉田の商店街を練り歩くのは、商工会の山車だけのように感じる。その証拠に、他の山車とすれ違わないし、知っている商店の人に聞いても「他の地区の山車は、来てない」と言う。

どこの地区も午後からは、山車の巡行をしているのだろうが、昼間は、自分の地域しか回らないのだろうか。それならば、話はわかるが、以前の昼間の祭りを知ってる大人にとっては、淋しい祭りだね・・・という気持ちはぬぐえない。

しかし、午後5時にビジョンの駐車場には、各町内の山車とその祭り参加隊が続々と集まってくる。やっぱり、皆それぞれに山車巡行をして、ここに集合してきたのだ。
大勢の人が集まると、やっぱり気持ちがゾクゾクしてきます。

ここで各町内の出し物や、踊りの披露がある。それらのプログラムが終わって、夜の8時、夜祭りらしく、15台の山車が商店街を練り歩き、吉田駅に向かう。午後から山車を引っ張って、夜も山車を引っ張る。普段歩かない我々には、熱さの中、かなりキツイ山車巡行です。

せめて私に、昼間だけの参加とか、あるいは夜だけの参加とか、そんな我がままがきいてもらえれば、嬉しいのだが、まあここ数年は、この山車巡行に参加することは続きそうです。

コメントは下記のフォームから

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。