庄内映画村オープンセットに行く

旅の2日目、庄内映画村のオープンセットへ行きました。ここでは6年前から撮影が始まって、一般客が入場は3年前から行っているそうです。だから、カーナビを頼っていては、たどり付けません。手作りっぽい案内看板を見落とさずに行くしかありません。

9時の開場に合わせて行きました。オープンセット内は、農村漁村エリア・中央広場・宿場町エリア・山村エリアと4つに分れていて、端から端まで、3kmあるという、よって、見学者は、バスでの移動がお奨めです。

この日は、テレビドラマの撮影が、午前中は宿場エリアで、午後は漁村エリアであるという予定です。撮影の現場に行ったら、スタッフの指示に従って、見学して下さい注意がありました。

時代劇の他に「おくりびと」の風呂屋のセットも、移築され展示されていました。友人の一人が映画が好きなので、今回の旅は、ここが実はメインの観光なのです。

お天気が良くて助かりました。事前に調べたところによると、雨降りの場合は、足元が悪いので、汚れても良い靴で行った方が良いと聞きました。確かに、時代劇ですから、セット内は、アスファルトの道はありません。

山の濃い緑に囲まれた、良い場所です。この地に映画村が出来たお陰で、地元の雇用も増えて、これは、自然を生かした良い発想だと思いました。地域おこしの成功例ではないかと思いました。

コメントは下記のフォームから

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。