義母が1時間の外出

我が家の義母は、脳の病を発症して8年も入院生活をしています。身体の調子がいいので、少し家に行ってきたらということで、外出許可が出た。しかし、歩けないないので、義父の車で1時間のドライブをすることになった。

私と義父で迎えに行って、看護師さんの介助で、歩けない義母を車に乗せた。家に来ても降りる事は出来ないが、過ごしやすい気候になって、ドライブするのは、気分転換になるであろう。

しかし、義母は、ここが自分の家かどうか分ってないみたい・・・。話しかける義父の言葉に合づちを打つことが多い。言葉も少し返すが、自宅を見ても、懐かし~とか、家に帰りたいとは言わない。

次に、テクノプロタカイの建物の前に移動した。夫の姿を見てすぐに自分の息子とは思えなかったようで、名前を聞いて自分に言い聞かせている様子でした。

私は、義母が、かつての自宅の場所を訪れて、息子と話をしている姿を見て、目頭が熱くなってきた。なんか、今生の別れをしに来たように見えてしまった。

義母は、認知症が進み、自分の子どもと言っても、可愛い少年の頃の顔しか記憶にないようです。当然、私を見ても、ニコニコしているだけで、元気なころは、仲の悪い嫁と姑の間だったことなど、忘れているようです。

およそ6年ぶりの外出での帰宅でした。

コメントは下記のフォームから

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。