気を取り直して、群馬県に向かって走る。

国道17号線に乗って、群馬県の伊勢崎まで行けば、高速道路に乗れる、カーナビはそう示しているが・・・、伊勢崎って?そんなインターあったけ?「青江美奈さんが歌っていた伊勢崎町ブルースは、横浜でしょう・・・横浜へは、戻りたくないし・・・」そんな妄想が私を襲って来ます。

埼玉県の熊谷あたりは、積雪はほとんどありませんでした。これならば、国道17号線は、渋滞してないかもしれない。ナビの渋滞情報の点滅も少なくなってきていました。ここら辺で、国道17号線に乗って見ました。もう、午後8時頃です。

17号線は、上りも下りも大量の車が往来していますが、動いていました。よし!群馬県の伊勢崎を目指そう。徐々に国道らしい軽快な走りが出来るようになりました。ほどなく群馬県入りし、道路は完全にバイパス道となり、まるで高速道路のようです。しかし、対向車である東京方面への車は、ノロノロ走りです。そうでしょう、これから渋滞の続く都心に向かうのですから。

夜は更に更けてきて、窓の外には、畑地帯で民家が点在していますが、この国道17号線だけは、車の列で明るいです。外に積雪は全くありません。私達は、遊びで関東に行った帰りで、帰宅時間に制限はありませんが、トラックの人は仕事ですから、私達の何倍も気がもめていることでしょう。首都圏からずっとそうですが、普通車よりもトラックの台数の方が多く感じられます。

9時近く、ようやく伊勢崎のインターに入りました。ここは、1年ほど前に開通したばかりの群馬県と栃木県を結ぶ高速道路でした。高速に乗って、前橋のジャンクションを新潟方面に曲がって、車は快調に走りつづけました。

コメントは下記のフォームから

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。