富士山が世界文化遺産になった。

image[7]私が大好きな富士山が世界文化遺産に登録されました。嬉しいです。なぜがニュースを見るたびに、涙が出たりするのです。変でしょうか。三保の松原のおかみが、うれし泣きした気持ち、分る気がする。

富士山は、何度でも訪れたい、私の中では、1番の観光地であります。ここ数年は、年1回くらいは、富士山に会いに行く感じです。でも、なかなか、青空にくっきりとした絵ハガキのような富士山には、出合えません。雲がかかってる富士山を見ては、「また、来年も来いと、富士山が私に言っている・・・。」そう解釈して、次の年も車を走られるのです。

関越道を鶴ヶ島ジャンクションから曲がると「今日はどうかな?見えるかな?」と心が浮き立ちます。鶴ヶ島ジャンクションを通過して東京方面に向かう時も、ここで曲がれたら良いのにと、富士山の方向を見ては、心の中でため息をつく始末。

富士山周辺の観光地は、ほとんど行ったつもりではいたが、今回の文化遺産の登録で、行ってない社寺がいくつかありました。良かった、これで、また富士山に行く理由が増えた。夫に説明してまた、出かける事にします。

コメントは下記のフォームから

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。