立ちねぶたの館へ行く。

iwakisannjinnjya岩木山スカイラインを下って、岩木山神社を参拝してお昼ご飯を食べました。ここの神社も良い感じに地域に溶け込んでいました。素朴な佇まいですが、古くから岩木山をあがめ信仰の祖として、この地に神様を祭ったのだろうと思いました。

nebutaその後、五所川原市の立ちねぷたを見に行きました。展示されている会館の近くまで行くと、街並みが整っています。そう、祭りの山車ねぷたの巡行がスムーズに行くように、電信柱等がありません。その中で6階建ての公民館のようなものを発見。そこが、ねぷたの展示&製作・格納の為の会館でした。

五所川原の立ちねぷたは、背が高いのが特徴で、高さは、ビルの4階、22mあります。この会館は、6階まであって、天井にクレーン設備がありました。ねぷたが祭り時に街に出るときは、建物の壁がそのまま、移動する仕組みになっています。いや~スゴイ設備です。

大きさは、青森のねぶたや弘前のねぶたよりもはるかに大きいのです。いや~知らなかった。毎年8月4日~5日がお祭りです。休みが取れれば、祭りで実際に街を練り歩く生のねぷたを見たいものです。

コメントは下記のフォームから

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。