義父が入院。

お祖父ちゃんは、造影剤を投与して再度CT検査を受ける事になった。私はまた待合室で待機、その後2時間経過、やっと医師の元へ呼ばれました。先ほどの医師とちがう人が、義父の肺と心臓について説明して下さいました。そのまま、入院することとなりました。

病棟は、手術室と隣り合わせの集中治療病棟です。既に夜の7時を過ぎており、夫にも連絡。8時ころ夫と共に医師の説明を聴きました。「軽い状態ではありません。」と・・・話は30分くらい続き丁寧な対応でした。

義父は、身体に呼吸や血圧・心電図などいろいろな線が付けられて、動けるのに大病人なってしまった。私達もビックリしたが、本人は更にこの状態に戸惑っている様子でした。起き上がって、トイレに行けるのだが、「看護師を呼んで下さいね。」と言われて、面倒くさがっている。

私達は、そんなお祖父ちゃんに、病気の説明をして、おとなしくしていてねと、祈るような気持ちで帰宅しました。

コメントは下記のフォームから

コメントする

注意: すぐに反映されない場合があります。