ブログ ばんきん屋の窓

新年会で福女、射止めました。

2月14日商工会女性部の新年会に参加しました。来賓に市長や商工会長、市内の各銀行の営業係も1名づつ来られて、総勢40名での新年会です。 (more…)

日に日に、賢くなる赤ちゃん。

娘夫婦と赤ちゃんが我が家で生活する日々が始まりました。ここ数年、少人数での生活だったのが、今や大人6人と赤ちゃんの大家族に、料理を作る分量にしても、頭を使って思ったよりも大変です。

赤ちゃんの様子は、病院にいたときは、泣くことも少なく、よく眠っていたのですが、一ヶ月近く経ってお腹がすけば、オッパイを探して母親を見つめて、大きな声で泣き続けます。

夜泣きもしているそうですが、そこは母親の出番です。新米パパとママには、ぐっすり眠れる夜はまだない様子です。

 

孫、生まれました。

昨年、春に嫁いだ娘が、無事に男の子を出産しました。母子ともに健康です。

私ども夫婦も、お婿さんの両親も、共に初孫です。男子誕生で、婿さん宅のお祖父ちゃんは、家の跡継ぎが生まれたと、大喜びの様子です。・・・その気持ちよくわかります。

大きく生まれたと言っても、新生児は、本当に小さくて、フニャフニャ鳴くばかりです。でも、目を開けてじっと、こちらを見つめてる顔つきは、何か言ってそうです。

その顔を見て、私たち大人がいろいろ考えをめぐらす、つかの間の時間。・・・何というか、赤ちゃんが振りまくパワーとでも言いますか。可愛いです。

 

季節はずれ、ヘビを見る。

11月12日(土)小春日よりのいい天気です。コートなどを着なくても、動けるやわらかい日差し・・・。お昼ご飯を済ませて家を出ると、9メートル幅の道路のセンターラインの上に、シルバーに光る丸みのあるヒモのようなものが落ちています。もしかしたら、ヘビかしら?。やっぱり、ヘビでした。 (more…)

ディラーでのノックスドール防錆車に当社のノックスドール防錆を施しました。

mu-bu1
↑の写真からすでにディーラーでのノックスドールの水性の防錆剤が処理してありますが、写真からも見えますように、水性という施工上の理由なんでしょうが、内部防錆がなされてません。
サービスホールを外し赤丸から多孔噴頭のロングノズルを使いサイドシル内部とサブフレーム内部に防錆剤を塗布します。
mu-bu9
↑の写真のようにドアの内部防錆はリアドアトリムをはずし行います。
mu-bu8
↑の写真はフロントドア。同じくトリムを外して防錆処理を行います。
mu-bu7
↑の写真はリアフェンダー内部の防錆です。タイヤハウスインナーの際を重点的に防錆剤を浸透させます。
mu-bu6
↑の写真は下部前方から当社の防錆処理が仕上がった状態です。エンジンメンバーやサスペンションの内部までしっかり防錆してます。
mu-bu5
↑の写真はラジエターロアサポートメンバーです。内部までしっかりと防錆します。
mu-bu4
↑の写真は、下部後ろから当社の防錆処理が仕上がった状態です。水性では不可能な防錆材のこの分厚さから、塩害や飛び石などの傷による錆から愛車を長く守ります。
mu-bu3
↑最近始めました防錆二重マフラー塗装の仕上げす。グレー耐熱亜鉛塗装の後に黒の耐熱シリコン塗装で仕上げます。
mu-bu2
↑防錆耐熱二重塗装の一層目の耐熱亜鉛塗装です。赤色の部分にデーラーでの防錆材が塗布されていませんでしたので、当社でばっちり防錆しました。これでもって当社の施工保証は5年間。愛車をより大事に長くとお考えのオーナ様は雪の降る前に早目の防錆のご予約を当社で是非どーぞ。お待ちしております。

千代の富士の訃報

7月31日夜のテレビで、九重親方(千代の富士)さんの死亡のニュースが流れた。少なからず、ショックを受けました。相撲の事は、詳しくはないが、ファンでした。 (more…)

メラノーマの疑い、晴れる。

やっとの思いでがんセンター病院の皮膚科を受診してきました。医師からは、加齢によるもので、悪いものでは無いと言われました。あ~良かった。 (more…)

メラノーマの疑い?

目のわきにイボが出来て気になったので、近くの皮膚科医院を受診しました。つでに前から気になっていた、乳房のわきの大き目のホクロも診てもらいました。すると医師から「これは、がんセンター病院へ紹介状を書きますから、行きなさい」と言われました。 (more…)

今年もわらび採りに行きました。

H28年5月29日 同友会のわらび採りに無事行って来ました。
お天気も良く、気持ちの良いピクニックでした。

今回は、新しく参加した人が4名です。お昼ご飯では、皆さんそれぞれに馴染んで、会話もはずんでいた様子です。 (more…)

オバマ大統領が広島を訪れる。

平成28年5月27日は、歴史的な日になりました。オバマ大統領が被爆地広島に来てくれたのです。それらのニュース映像を見ているだけで、涙が出て来ました。とても感動しました。 (more…)