下回り防錆アンダーコート 施工事例

下回り防錆アンダーコート 施工事例をご紹介いたします。

ご不明点など、お気軽にご相談・お問い合わせください。
TEL 0256-93-3009
e-mail info@tp-takai.com   お問い合わせフォームはこちら>>

他社の防錆アンダーコートの検証2

haie-su1

haie-su2

haie-su3

haie-su4

ノックスドールの900かスリーラスターと思われる防錆剤での
他社の防錆施工のハイエースです。
オーナー様の依頼で再施工の依頼を受けての
他社の施工と当社の違いの検証です。
かなり丁寧な施工をしてますが、
写真での赤線の部分は防錆剤が施工されてません。
当社とは違ってサスペンションやサブフレーム内は、
全く防錆処理されてません。
折角の性能が高い防錆剤でも
施工レベルがその会社によって違うことです。
インターネットで他社の防錆処理を見ると
施工時の養生のやり方や
作業者の作業装備の軽装からしても
施工レベルがうかがえます。
当然養生や装備の少ない施工店の料金が
低価格が可能になるのです。
当然その分ずさんな部分が多くなります。
ディラーで無料サービスの防錆は
それなりで手間仕掛けなないからできることです。
損して商売などできない者です。
商品価格に比例したことしかしない、
比例したことしかできないのが
作業員という人がする防錆加工処理なのです。
本当の防錆を希望するならば
安く下請けに出すような販売店は避けましょう。
愛車を本当に大事にしたいと思われるならば
信頼の作業者に依頼しましょう。

他社の防錆処理の検証

fia1

fia2

fia3

車は新車のフィアットです。
写真でも防錆剤が施工されてない不備の場所が数多く見えます。

カーオーナー様は、販売店を信じ、車の防錆処理は、
どこも同じだと思われるかもしれませんが、
防錆施工はどこも同じではありません。
防錆処理を施工する者の営業環境とモラルで
全く施工レベルが違うものです。

上の写真のようなこうした不備につながる原因とは、
先ほども書いたように受注時の低料金や、施工者のモラルなど、
コストの低減や手を抜くしか利益を確保できないような
防錆という趣旨を忘れるような
質の低い仕事になってしまうものです。

施工を保障し、誰が施工してるのか、
信頼のおける施工者に依頼するのが一番です。
「愛車を長く錆から守りたい」
という顧客様の立場を考えて、
当社では私が責任を持って、
一台一台丁寧に施工をいたしております。
新車中古車に限らず長期間防錆が出来ます。

新商材の「防錆クリアー塗装」も始めました。
新車に限り施工できます。施工保証も3年。
防錆と言っても黒くなるのが嫌だという方は是非どーぞ。

ディラー仕様のノックスドールにさらに当社のノックスドールで防錆をさせていただきました。その違いは。

mu-bu1
↑の写真はディラーで1100で防錆したフロア下部です。当社はサービスホール(赤い丸印)を利用し多噴ロングノズルで750の防錆材をサイドシル内部(OP)やサブフレーム、フレーム内部まで防錆塗布処理します。
mu-bu2
↑の写真は防錆マフラー塗装です。二重塗装の一層目の耐熱亜鉛塗装です。
赤のライン部分はディラーでの防錆剤が塗布されてませんでしたので、当社が完璧に塗布しておきました。
mu-bu3
↑の写真は二層目の耐熱シリコン塗装です。一層の時よりも耐久性が倍近く伸びました。
ダイハツのマフラーはワンピース(一つもの)で交換になると高額です。新車の時に予防しましょう。
二重塗装の防錆の効果は抜群です。
mu-bu4
↑の写真は下部後方からです。当社で使っている防錆剤1600と900と300による仕上がりです。
リアサスペンション、リアサイドメンバー、サブフレーム、以上の内部まで防錆処理します。
耐久性抜群なので施工保証は5年です。
mu-bu5
↑の写真はラジエターロアサポート部です。とても錆やすい部分。
内部外部と、ばっちり防錆材を塗布しました。
mu-bu6
↑の写真は下部前方からです。1600,900,300で当社で仕上がった写真です。
フロントサスペンション、エンジンメンバー、サスペンションメンバーその内部まで防錆処理します。
mu-bu7
↑の写真はリアフェンダー内部(OP)です。
内部全般と、タイヤハウスの継ぎ合わせは特に重点的に無溶剤700の防錆剤を流し込みます。
mu-bu8
↑の写真はフロントドア(OP)です。
トリムを外しビームやアウターパネル際を重点的に無溶剤700の防錆剤を塗布します。
mu-bu9
↑フロントドアと同じくリアドア(OP)も仕上げます。
その他、ボンネット内部、リアゲート内部、エンジンルーム内部他ヒンジ廻り等の防錆処理を行いました。
沿岸部、冬季の高速道路、国道、バイパス、山岳路を多用されるオーナー様の愛車を錆からお守りします。
同じノックスドールと言えどもディーラーとは一味違うハイスペックな防錆処理を行っております。
冬が来る前に愛車の錆対策の準備はお済ですか?ご指名お待ちしております。

BMW3シリーズ 上下防錆・ガラスコーティング

bmw3

bmw2

bmw1

bmw5

bmw4

bmw3BMWの3シリーズです。ボディ上部にはナノグラスコートの6年耐久のコーティング。ボディ下回り、下部には、ノックスドールの6年耐久の1600.750.300でのコーティング。マフラーにもガラスコートを施しました。アンダーコートは写真のようにアンダーカバーを外して丁寧に施工いたしました。S様ありがとうございました。

インナー防錆をはじめました。(オプション)

rapan1

rapan2新車に等しい軽自動車の事故からのサイドシル(ステップ)の交換です。アウターパネルを外すとこのようにボディ強度を高めるためのリーンホースメントパネルにより補強されています。写真にもはっきりとわかるくらい、すでにサイドシルの下の耳の部分には錆が発生しています。ちなみに当社では赤〇印から防錆剤を散布し錆を防ぎます。もちろんこうしたボディ構造がわからないと難しい作業です。当社では今年から、オプションでインナー防錆をはじめました。大きく分けて3つです。
一つがドア、ボンネット、トランク、の内部とヒンジ部。
二つが、サイドシル(ステップ)内部、リアフェンダー内部。
三つが、エンジンルームのパネル内部。
以上の箇所の防錆を別途料金で受けたまっております。より確実に愛車の防錆を希望される方には、バンパー、ライト、トリムなどの部品の脱着施工をお勧めします。部品脱着費用は別途になります。

ベンツCLA

benntu6

bentu5

bentu4

bentu2

bentu3

bentu1上下合わせた正真正銘の「ボディーコーティング」です。ボディ上部にはナノグラスコートの6年耐久のコーティング。ボディ下回り、下部には、ノックスドールの6年耐久の1600.750.300でのコーティング。マフラーにもガラスコートを施しました。アンダーコートは写真のようにアンダーカバーを外して丁寧に施工いたしました。H様ありがとうございました。

車体構造を理解した車体修理のプロがする防錆アンダーコート


sabi1
sabi2

sabi3

sabi4

sabi5

sabi6

sabi7

sabi8

タイヤハウスの錆の修理ですが、アウターパネルだけではなく写真のようにインナーパネルまで腐食が広がっています。こうならない前に、防錆アンダーコートや当社では今年から始めた骨格内部防錆でこれまで以上に、長期間、冬の塩害による錆から愛車の車体を守ることができるようになります。赤線部のような、パネルのつなぎ合わせやサービスホールよりサブフレーム内部に、またサスベンション部の中空内部にも浸透性の高い(塩水試験1000時間以上のノックスドール750)防錆剤を先に塗布します。長さ150センチの特殊圧送ガンを使った骨格のインナー防錆になりますが、サイドステップやタイヤハウス内部の防錆にはその長さを活かし威力を発揮します。その後、1ミリ~最大4ミリ膜厚まで可能な外傷に強い防錆剤(塩水試験1000時間以上のノックスドール1600もしくは従来施工では800時間をクリアする597-10X)を塗布します。防錆アンダーコートの施工はどこでも同じだと思いでしょうが、たとえ同じ商材でも、施工業者の知識、経験、気質で全く耐久性に違がでます。販売店のオプションから、安易に価格ばかりで頼んだところ、安請け合いの下請け作業なのか、タイヤもアンダーカバーも外さないようなやっつけ仕事をされているケースも多々見受けられます。防錆という投資効果を、価格の安さだけではなく経験と技術力に信頼できるお店を選ばれることをお勧めします。

防錆アンダーコートにノックスドールシステムを採用

nokkusu1

nokkusu2

nokkusu3

nokkusu4愛車をさびから防ぎ、腐食を遅らせ、より長く錆や腐食から車体を守るため、当社ではこれまでの塩水テストの防錆耐久時間は1000時間以上と今までの倍以上の性能を誇るノックスドールシステム300.750.900.1600.を昨年後半からテスト的に施工してまいりました。その防錆性能はトップクラス。施工料金は今までのよりも少々高めになりますが、オプションによりリアフェンダー内部、サイドシル内部、エンジンルーム、バックロアパネル、ラジエターコアサポート、ボンネット内部、トランク内部、ドア内部、ヒンジなどと今までの防錆剤より施工範囲も広いので、より長期間錆から愛車を守りたい、沿岸部にお住まいの方や、冬期間高速道路バイパスなど多用するユーザー様におすすめです。新車に限らず、錆抑制剤を配合したノックスドールはさび始めた中古車にも適してます。ぜひ施工専門店の当社にご相談ください。

BRZ防錆アンダーコート

brz1

brz2

brz3

brz4

brz5

brz6BRZの防錆アンダーコートです。アンダーフロアーカバーを外し、リアのタイヤハウスのインナーフェンダーを外して防錆アンダーコートを塗布します。乾燥後、前後サスペンション及びフロアフレーム骨格内部まで防錆ワックスを塗布します。愛車のボディの下まわりを長期間錆から守ります。

三菱デリカD5に防錆アンダーコート

derika1

derika2

derika3

derika4

derika5

derika6当社の防錆アンダーコートは3年間の施工保障をします。特に後部フロアーはカバーを外して行います。(部品が壊れる場合は行いません)最後にフロアーのサブフレーム内にサービスホールを利用し、そこから内部へ先端に三方向噴霧する特殊なノズルが付いたホースを(最大1メートル)突っ込んで防錆材を塗布し完成です。見えない下回りの防錆加工でも、当社は一台一台にこだわり、丁寧に行っております。